のべおか駅まちVISION PROJECT

まちの、暮らしの、しあわせの、未来へ。

延岡市幸町では、リニューアルする駅を中心に新しいまちづくりが進んでいます。
めざしているのは、まちとつながるすべての人々をあたたかく迎え入れるリビングのようなまちづくり。
さらに成熟を深める活気に満ちたエリアへ。
サンパークマンション「のべおか駅まちVISION PROJECT」は、このまちづくりの思想と歩調を合わせてスタートします。駅前のにぎわいや利便性を享受しながら、新しいまちづくりにも積極的に参加していくライフステージです。

まちの、暮らしの、しあわせの、未来へ。

延岡駅周辺整備基本計画

駅とまち全体がひとつになって、新しいにぎわいを創出します。

新しいまちづくりは、行政主導ではなく住む人々も参加して自然なにぎわいを生み出そうという新たな価値観に基づいています。
駅界隈は、いわばここに暮らすことの歓びを表現するステージ。
住民参加のさまざまなイベントも計画されるなど、市民力の高さや豊かな自然、コンパクトな都市構造という延岡市の特長を生かしながら、計画は着々と進行しています。

延岡駅周辺整備基本計画[イメージパース] 西側(幸町側)

[イメージパース] 西側(幸町側)

東九州の中心的都市にふさわしい玄関口、
そして市民意識を高めるステージとして。

公的施設、JR延岡駅舎、東西の広場、民間活力の活躍……。
さまざまなアングルからアイデアを出し合うことにより、自由で自然な駅まちが形成されます。

延岡駅周辺
延岡駅周辺整備基本計画[イメージパース] 東側(日の出町側)

[イメージパース] 東側(日の出町側)

駅の利用者や訪れる人々、市民、そして車利用にも快適さを実感できる駅まち。自然の中の散策や名所・まちなかの散歩など、まちを徒歩で回遊する際の拠点にもなります。

「駅まちのべおか」を発信する場所ーノベオカノマドハウス

駅前商店街の中にあるガラス張りのオープンな空間は、市民による自然なにぎわいの拠点となるノベオカノマドハウス。開かれた「延岡の窓」と遊牧民を意味する「ノマド」がその名の由来です。誰でも気軽に立ち寄り、ふれあいの中から、まちづくりやイベントのアイデアが生まれます。

 
 

自然発生的なワークショップから、暮らす人々の一体感と歓びが育っています。

住民有志が集まり、手づくりで作りあげたノベオカノマドハウス。床や壁や照明にも、素朴で温かいムードが漂います。このハウスは延岡市民一人ひとりのもの。新たに住人となる方々も気軽に迎え入れるおおらかさがあります。幸町に暮らしながら、さらに幸をふくらませる場所。住む人が自然に愉しめる駅まちの想いは、これからますます広がっていきそうです。

 
  • ※掲載の写真は、平成28年4月に撮影したものです。

マンションギャラリー

マンションギャラリー画像

0120-205-389

0120-205-389

  • 資料請求はコチラ
  • ご来場予約はコチラ
  • マンションギャラリーマップ

※掲載の写真は、モデルルームを撮影(平成28年2月)したものです。また一部撮影した写真にCG加工で空を合成したもので、実際とは異なります。
一部オプション(有料)などが含まれます。家具・装飾品等は販売価格に含まれておりません。